妊娠がわかる前から葉酸摂取が肝心

使うなら安全性の高い天然葉酸にしておきたいところ

妊娠のキーワードに必ずと言って良いほどくっついてくる葉酸ですが、その必要性は、胎児の神経閉鎖障害のリスクを下げる事からです。妊娠がわかる一ヶ月以上前から、食事以外に葉酸を0.4mg程度補う事が推奨されているようです。

なので、その方法として、一般的には、サプリメントという事になりますね。

そのサプリメントの選び方ですが、これも一般的には、合成葉酸が多く市販されている印象があります。でも、合成葉酸は、化学的な原材料を元にしているのでちょっと心配。

なぜ、そういう心配な合成葉酸が多いのかというと、その理由は、アメリカで胎児の神経閉鎖障害の研究で使われたものがそれだからです。合成葉酸のサプリを飲んだ研究しか行われていないので・・・。

でも、合成葉酸は、一方で過剰症により神経障害を起こすこともあるようです。
結局、化学的に作られたものは、どこかに危険が隠れているという事なのかもしれませんね。

しかも、実は、日本では、胎児の神経閉鎖障害ってそこまでメジャーじゃないそうです。これは、厚生労働省もそのように書いているのですが、日本では、他の国に比べて神経閉鎖障害の発生率が低いので、そこまで問題視されていないようです。

ですが、食生活が欧米化している事は、避けられない事実なので、その変化に対応する形で一応勧告しているという感じの内容でした。

そう考えると、「念のため、摂取しておいて損は無いかな」程度の葉酸という事になります。特に日本人の場合。更に、和食中心の食生活を心がけて、食品添加物の少ない食事の人であれば、ほぼ気にする必要は無いかもしれません。

そう考えると、過剰症のリスクの高い合成葉酸を使うよりも、天然型で過剰症も気にしなくて良い食品由来の葉酸の方が断然安心である事に変わり有りません。

やっぱり、なんでも安全性の高さって大事かなと思います。
特に妊娠中に限っては。