子宮内膜の厚さが妊娠に繋がる

受精卵がしっかり着床する為にも子宮内膜の成長が大切

受精卵を着床させるベッドの役割を担う重要な子宮内膜がどのように成長し、どのくらいの厚さが必要なのかについて確認しておく事も大切です。

生理が終わった直後の子宮内膜は、前回の妊娠しなかった子宮内膜が剥がれ落ちた直後なので厚さは1mm程度しかありません。それが成長を続け排卵が終わる頃には約1cm程度の厚さにまでなります。

生理が終わり卵胞期に入ると子宮内膜は排卵期に向けて少しずつ暑さを増していきようになります。

原始卵胞が成長するにつれて卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増える影響で子宮内膜も成長していきます。

この期間は卵子の期間としては卵胞期となりますが、子宮に対しては増殖期と呼ぶようです。

排卵が終わると、卵胞が黄体化し黄体ホルモンが分泌されるようになります。黄体期に入ると黄体からエストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)の両方が分泌されるようになるのです。

黄体期に入っても子宮内膜は厚さを増していきますが、同時に、黄体ホルモンの働きで子宮内膜の血管量が増え血流が増加します。そして、受精卵が着床しやすいようにやわらかくなり、更に、血流の増加で栄養が蓄えられるようになっていくのです。

子宮内膜の成長を促すエストロゲンは、排卵の直前にピークを迎えてそこから減少し始め排卵が終わった後くらいまで下がり続けますが、黄体期に入ると再びなだらかに分泌量が上昇し、そこからまた減少し次の月経始まりまでに通常の分泌量に戻ります。

妊娠しなかった場合は、エストロゲンと黄体ホルモンを分泌していた黄体が収縮していきます。こうして、ホルモンの分泌量が減ると子宮内膜は脱落し、月経になると古い血液などと一緒に排出されるようになるという仕組みです。

妊娠する為には、卵子と精子のタイミングを合わせる事が重要ですが、受精卵も子宮内膜がちゃんと仕上がっていないと着床が難しくなってしまいます。
それだけ重要な子宮内膜の成長は、知っておきたい所ですね。