排卵検査薬を通販するには

通販ではなく個人輸入という形です

ワンステップ排卵検査薬だけでなく、国内で取り扱われている排卵検査薬は通販で購入できず、対面販売が義務づけられていました。

これは、排卵検査薬を個人で購入して使用されるのが問題あるから通販できないという事ではありません。検査薬なのですから、必要に応じて個人で使用する分には、何の問題も無いように思いますし実際そうです。

排卵検査薬の通販に関しては、どちらかというと、排卵検査薬を取り扱う薬局やドラッグストアに厳しく管理されているという方が良いように思います。これは、薬事法の関係で通販できないようになっているのですが、検査薬には一般検査薬とそれ以外の医療用検査薬というのがあるのです。

一般検査薬というものなら、対面販売に限らず、ネット販売も出来るし、ドラッグストアで購入する場合も、薬剤師から購入しないとダメという決まりはありません。自治体によっては、取り扱いの許可を貰わなくてはならないようですが、一般的に誰でも問題なく使用できるとしているので大丈夫なようです。

しかし、それに含まれなかった排卵検査薬は通販できない。

こうした現状から、「別に扱いも難しくないのになぜ?」「身体に一切触れる事が無いのになぜ?」という声が良く聞かれるのも事実のようです。

ここが薬事法の難しい所ですが、法律で管理されているものにグレーゾーンは存在しないという事なのかもしれません。可否をはっきりさせるのが法律の役目でもあるので、こればかりはどうしようも出来ない。

でも、排卵検査薬は、正確には、通販ではないもののネット経由で個人輸入すれば、通販と同じように購入する事が可能です。

個人輸入は、元々は、海外へと出向き、日本で販売が許可されていない薬などを購入する方法ですが、今では、ネットを経由して海外の業者へと依頼して商品料金と手数料を支払い、それを日本まで送り届けて貰う事となっています。

なので、通信販売ではなく輸入代行の依頼と言った方が正しいのだと思いますが、購入する側からしてみたら、手順が一緒ならどちらも通販と言っていいようなものです。

今は、排卵検査薬の取り扱いルールが変わり第一類医薬品(一般検査薬)に変わっているのでネット通販での販売も実質行う事が出来るようになっているようですが、価格を比べると海外製の方が断然安い事に変わり有りませんね。