LHサージで排卵日を予測

黄体化ホルモン(LH)の分泌量が増えた目安

脳下垂体から分泌されるホルモンであり排卵を促す働きのある黄体化ホルモンは、英語でLH(Lutenizing Hormone)と呼びます。
このホルモンの濃度が濃くなってきた状態がLHサージです。

LHサージが開始されると、24時間~36時間以内に排卵が起こるとされているので、排卵を知る上でも重要な目安となります。

排卵検査薬の多くは、このLHの濃度をチェックする事で排卵が近いかどうかを知る事が可能であり、1日前に陽性反応が出るものと2日前に陽性反応が出るものが有ります。

ワンステップ排卵検査薬は後者なので、2日前に陽性反応が確認できるようになる為、より早いタイミングで排卵予測も可能となります。その方が段取りも組みやすくなるのは言うまでもありません。

ただし、LHサージの目安である陽性反応が出たとしても、実際には、排卵後だったりするだけでなく、LHは常にわずかながらも分泌されているので、その量が人より多いと陽性反応となりやすい事もあるようです。

その辺は、気をつけて使用しなくてはなりませんが、多くのケースでは、LHの陽性反応が出たという事は、排卵2日前以内に入った目安である事に変わり有りません。