ワンステップのLH感度は?

日本製と感度は相違ないのに価格が安い

排卵検査薬を使いたいなら、とりあえずはドゥーテストが無難、と日本ではよく言われているそうですね。確かに、ロート製薬から販売されているドゥーテストは、他の排卵検査薬に比べて販売歴が長かったり、お値段がお手頃だったりします。

他の日本製排卵検査薬だと1回分につき500円弱しますが、ドゥーテストだと400円くらいだそうです。

しかし、全員が全員、ドゥーテストが適しているわけではないみたいです。実際、ネットで調べてみると、ドゥーテストではくっきり濃い陽性反応が出ず、上手くタイミングをはかれなかったという声も結構見かけることがありました。

こういう場合、黄体形成ホルモン(LH)の分泌量が比較的少なく、ドゥーテストの感度では検出し切れなかったのが原因みたいです。となると、ドゥーテストよりも感度の高い排卵検査薬を使う必要があります。

しかし、その分値段が高くなるのは嫌だと思う場合も多いかもしれませんが、ワンステップ排卵検査薬がベストとのことでした。

なぜなら、ワンステップの感度は25IU/Lで、30IU/Lのドゥーテストに比べ、少量の黄体形成ホルモン(LH)でもちゃんと検査してくれるからです。また、値段も1本につき100円弱と、破格の安さみたいなんです。感度が良いのにこの安さって、本当にすごいですね。