日本製と海外製の感度を比較

感度の違いも確認しておきましょう

海外製の安い排卵検査薬は、沢山使いたい場合や繰り返し使いたい場合には、コスパが良いので多めに気にせず使うことができますが、そもそも体質に合っているかどうかも排卵検査薬選びで重要なポイントのようです。

そのポイントというのが、排卵検査薬の検出感度です。
調べてみると、日本製と海外製で以下のような感度となっていました。

商品名 感度 製造
ワンステップ排卵検査薬 20mIU/mL アメリカ製
クリアブルー イージーデジタル排卵検査薬 40IU/L アメリカ製
新ドゥーテストLH 30IU/L 日本製
p-チェック・LH 40IU/L 日本製
チェックワンLH・Ⅱ 40IU/L 日本製
チェックワンLHデジタル 40IU/L 日本製
DAVID 25mIU/mL 中国製
Wondfo 25mIU/mL 中国製
Luckytest 25mIU/mL アメリカ製
A-check 25mIU/mL アメリカ製

海外製は、25IU/L(25mIU/mL)のものが多く、対する日本製は、40IU/Lのものが中心でした。

尚、日本製の排卵検査薬の検出単位は、”IU/L”となっていて、一方の海外製は、”mIU/mL”となっている場合が大半でしたが、これらは、ミリがあるかないかの違いでしかないので数字として見た単位は変わり有りません。

「どちらが感度が良いの?」

これは、感度が低い方がそれだけLHを検出しやすいことになります。
なので海外製排卵検査薬の方がよりLHサージを察知しやすいことになりますが、その一方で、余りにも早い段階で反応してしまい過ぎることがあるかもしれません。

元々、LHの濃度が基準より高い女性だと、感度が良すぎる排卵検査薬は返って使いにくかったなんていうことにもなり兼ねません。

なので、それがはっきりわからないうちは、ワンステップ排卵検査薬を沢山使うというのも控えた方が良いのかもしれません。

海外製は、検出感度が25IU/Lが多いということは、その方が理に適っているからだと思うので十分に考えられた上での検出基準だと思いますが、日本製と海外製でこうした違いがあることも理解しておくと、排卵検査薬選びで失敗することもなくなるのではないでしょうか。