排卵と黄体の働き

卵胞の成長に合わせてLHの濃度が上昇

卵胞が大きくなるにつれて卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も増え分泌が増えると、脳下垂体から、黄体化ホルモン(LH)の分泌が盛んになります。このLHの量が増える事で成熟卵胞が刺激され、最終的に排卵を迎えます。

ここで、排卵検査薬で重要なLHホルモンが現れますが、周期に応じてタイミング良くLHが分泌されるのではなく、きちんと卵胞の成長に合わせて分泌されるようになるという事がおわかりいただけると思います。

排卵を終えると、LHは卵胞にも働きかけます。
すると、卵胞が黄体へと変化します。
これで、黄体化ホルモンという名前通り卵胞が黄体化しました。

卵胞から黄体へと変化しても、エストロゲンの分泌は続き、更に、黄体ホルモンを分泌するようになります。まず、エストロゲンの分泌が続いているので子宮内膜は、更に厚くなり影響を吸収して受精卵を待ちます。

また、黄体ホルモンの影響で基礎体温が上がり始めます。
こうなる事で受精卵が着床したら、より良い環境で育つように出来ていきます。

ですが、受精しなかった場合は、黄体が収縮するようになります。黄体が収縮すると、エストロゲンも黄体ホルモンの分泌が減っていき、黄体からホルモンの分泌が減ると、子宮内膜も収縮し剥がれ、最終的には、生理となって排出されます。

大まかには、このような流れで、卵胞刺激ホルモンの分泌から始まり、卵胞がホルモンを分泌する事で、今度は、黄体化ホルモン(LH)が分泌されて排卵。
更に卵胞から黄体になり、分泌される2種類のホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンの働きで子宮内膜が更に成長し基礎体温も変化。

このように、ホルモンと卵胞が連携を保つ事で月経が成立しているという事を考えると、ホルモンバランスの良い状態を保つ事の大切さを再認識できる気がしますね。