排卵検査薬通販

海外から直輸入なので事実上の通販が可能

  • 「排卵検査薬が近所の薬局に置いてない・・・」
  • 「妊娠検査薬は通販出来るのに排卵検査薬が買えない・・・」
  • 「危ない検査をするわけでもないのに・・・。」

必要な時に手に入りにくい排卵検査薬。なぜかネットも通販ダメ。
近所の薬局に置いていなかったり、欲しいメーカーのものが取り扱いゼロなんていう時でも、海外から直接通販可能なワンステップ排卵検査薬なら問題ありません。

>>ワンステップ排卵検査薬クリアの価格チェックはこちら

  • 価格が安いので失敗しても気にならない
  • 排卵が近づいてきたら多めに使用しやすい
  • ネットで注文できるから忙しくても手間が無い

スマホからでもネット注文できるのでとても楽です。
しかも、毎月21万本も売れているので、それだけ日本の利用者も多く居るというのも、人気がうかがえます。

ただし購入には、色々と注意も必要。
そこで、購入前に抑えておきたいポイントについて情報を掲載してみました。

各種排卵検査薬の価格を比較

日本で売られている排卵検査薬は高い割に結果が曖昧・・・。
排卵検査薬は、一度使用したら使い捨ての消耗品なのでコストを抑えたいものです。

実際に日本で承認されている排卵検査薬の価格と感度を比較してみました。

セット内容 本数 価格 単価 感度(IU/L)
新ドゥーテストLH 7 本 2,916 円 417 円 30
新ドゥーテストLH 14 本 4,104 円 342 円 30
PチェックLH 5 本 2,940 円 588 円 10から3段階
PチェックLH 10 本 3,990 円 399 円 10から3段階
チェックワンLHデジタル 5 本 2,800 円 560 円 40
チェックワンLHデジタル 10 本 3,800 円 380 円 40
チェックワンLH・Ⅱ 5 本 2,310 円 462 円 40
チェックワンLH・Ⅱ 10 本 3,675 円 368 円 40

より詳しく、確認したい場合はこちら。
日本製と海外製の感度を比較

安さで選ぶなら、WondfoやDAVIDなども有りますが、中国製の安いものは、価格相応なだけに検知もしっかりせず、使い物にならなかったなんていう事もあるようです。

曖昧な結果になると困惑するだけなので、出来れば避けたいものですね。

ワンステップ排卵検査薬は1本100円以下!

セット内容 本数 価格 単価 感度(IU/L)
ワンステップ・クリア20回分 20本 1,960 円 98 円 20
ワンステップ・クリア50回分 50本 4,300 円 86 円 20
ワンステップ・クリア100回分 100本 7,900 円 79 円 20
ワンステップ・クリア200回分 200本 13,800 円 69 円 20

価格がとても安いのはもちろんのこと、LHサージの検知率が高く正確性も備わっている事が何よりの安心。
ワンステップ排卵検査薬のLH感度は?

更に、ラインが出たら陽性!
最新バージョンは、テストラインが薄くても良いから現われた時点で陽性となり、検査結果がわかりやすい。

他の排卵検査薬でありがちな「コレは、陽性?陰性?」というような曖昧さも無く、使い勝手の良さが決め手となりそうです。

クリアブルーデジタルなら測定結果がどちらかはっきり出るので把握しやすいですが、それをアナログなラインだけで把握できるし、デジタルじゃないから格安なのもうれしいところですね。

妊娠検査薬は買えるのに排卵検査薬は買えない?

いつからか薬局で排卵検査薬が手軽に買えなくなってしまいました・・・。
これは、改正薬事法の影響があります。

20年以上前の薬事法で一般医検査薬として認められたのは、妊娠検査薬と尿糖検査薬、そして、尿蛋白を検査するものだけだったようです。

なぜかまではわかりませんが、妊娠検査薬は店頭販売やネット通販が許されて排卵検査薬はダメとなってしまったのです。

当時は、医療に対する敷居が高かったという時代背景もあり、排卵検査薬を個人で購入・使用する事が広く一般的になるなんて想像もされていなかったようです。

一般医薬品と認められた妊娠検査薬は、ドラッグストアでもネットでも購入する事が可能ですが、排卵検査薬は出てきません。

楽天で「排卵検査薬」と検索してみても、唾液をチェックする簡易的なものだけで、LHサージをチェックする尿検査タイプのものは売られていないと思います。

そして、改正薬事法によってネットでの薬の販売の基準が厳しくなった事も影響して、排卵検査薬は、姿を消してしまいました。

「尿で検査するだけなんだから、妊娠検査薬と同じじゃん・・・」と思うのですが・・・。

日本の薬局で購入する場合の制限

調剤薬局では取り扱われているので買う事が出来ます。

調剤薬局で排卵検査薬を買う場合、「排卵検査薬が欲しいのですが置いてますか?」「排卵検査薬なら、コレとコレがあります。どちらにしますか?」「じゃあ、こちらで。」「では、こちらに必要事項の記入をお願いします。」という流れでした。

以前は、個人情報を書き薬剤師さんに処理して貰ったら使用許可が下りて購入できるという流れ。

慣れれば、意外と簡単だと思いますが、そこに置いてあるものしか買えない。
ちょっと面倒だし、買えるものが限られている。
今は、個人情報の記入は任意に変わったようですが、ネット通販は出来ないままです。

薬局ごとに取り扱っている排卵検査薬もマチマチ。
置いていない所も当然あるので、欲しい排卵検査薬探しも面倒。
もちろん、海外製の未承認の製品を買うことは出来ません。

日本で排卵検査薬を購入には、色々な制限も時間もかかりそれでいて高い。
その上検査結果も明確でないなど、苦労が多いですね。

ワンステップ排卵検査薬なら、簡単に注文できるのでメリット大きいです。
海外から製品を取り寄せるので個人輸入という形にはなるものの、日本語サイトから注文。しかも、海外発送でもそれ程時間はかかりません。

送料も840円。
1万円以上なら、送料無料。
通販と変わらないですね。

ワンステップとクリアブルーの併用も人気

海外発送の排卵検査薬は、ワンステップ以外にもクリアブルーが人気。
クリアブルーは、排卵予測の正確性が高いだけでなく、簡易タイプのものでも最大で排卵日の2日前予測が可能となっています。

この2日前予測が受精のタイミング大切。

  • LHサージ開始直後:34h~38hで排卵
  • LHピーク:10h~12hで排卵

排卵の2日~2.5日前からLHの濃度が上がってきますが、感度が”40IU/L”と感度は抑えめでも2日前検知できるとの事です。

精子の寿命は3日~5日ほど。
排卵の2日前を予測しそのタイミングで精子を待機させておく事が出来れば、排卵と丁度良いタイミングで受精が可能となります。

その為にもクリアブルーの正確性は頼れる存在として人気のようです。

でも、その分価格が高いので、ワンステップとクリアブルーイージーがを上手く使い分けると費用を抑えて正確性を維持する事も可能です。